ソーシャルメディア

大川耕平ブログ

企業研修(健康ビジネスの基礎、集中研修)

概要

本研修は、健康分野の新商品(サービス)の導入・立案や、既存商品(サービス)の活性化を行っているチームの皆様が、健康ビジネスに対する基礎知識、実践的考え方を短時間集中で共有化することで、チーム全体の企画の底力が上がることを狙いにしています。チームリーダーの方がお感じになる、

  • チーム全員の健康ビジネスに対する知見のバラつきをなくし、企画力を総合的に高めたい
  • 健康ビジネスを企画・運営する上で最低限押さえておくべきポイントを、チームでつかみ、自社の戦略の実行を着実に行いたい
  • チームスタッフの、健康ビジネスに対する問題意識、モチベーションを高め自社サービスの企画運営が自発的になされるようにしたい
  • 自社の業界だけでなく、健康業界全体を俯瞰し、課題解決のヒントを得たい

このようなご要望にお応えしています。本研修では、14年間の活動(ヘルスビズウォッチメールマガジンの配信内容、様々なプロジェクト経験、アライアンスパートナーとの共同研究)を通じて得た、健康ビジネスの「抑えどころ」を体系化し、短時間でお届けします。

構成

標準的な内容(ご要望に合わせて調整)

健康業界について学ぶ

  • 業界構造
  • メインプレイヤー
  • 業界トレンド
  • 業界課題

国の動向他を学ぶ

  • 厚生労働省
  • 経済産業省
  • 資格
  • 展示会

健康生活者について学ぶ

  • 健康課題マップ
  • 生活者ポジショニング
  • セグメントごとの訴求点

■参加人数: 最大20名まで
■場所:弊社(東京)プロジェクトスタジオもしくは貴社の会議室
■時間:半日~1日(長さや回数は要相談)
■成果物:研修資料(150P~200P)、議事録
■費用:40~100万円(貴社の課題・要望によって設計・提案)
※出張が必要な場合、別途費用がかかります

お客様の声

はじめて利用しました。様々な関連部署から人が集まり研修を受けました。研修は、都度質問をはさみながら進み、健康業界のことを短時間で深く理解でき、発見がありました。新しいビジネスを考えるヒントとして活用していきます。
(大手インフラ系企業ご担当)

▲ページ上部へ戻る

ワークショップ(健康ビジネス課題解決ワークショップ)

概要

本ワークショップは、健康分野の新商品(サービス)の導入・立案や、既存商品(サービス)の活性化を行っているチームの個別課題に合わせて、ワークショップ(共同)で課題解決案を短期集中で実施していきます。

  • 短期間で企画をブラッシュアップしたい
  • 外部の知見を有効に活用したい
  • チーム全員で問題意識を共有し、今後の企画を進め実行力を高めたい

このようなご要望にお応えしています。

具体的には、

  • ビジネスモデル企画
  • 提供価値の向上
  • 継続率の向上
  • 収益源の拡大

などといった課題に対して、ワークショップ形式で解決案を考えます。

ワークショップの流れ

どんな素材を使って?

貴社の課題に合わせて、検討すべき論点を事前に整理します。

長年研究してきた海外健康ビジネスの豊富な事例集(体系化情報)を、課題に合わせて紹介します。

だれとどう発想し

健康ビジネス専門の弊社スタッフ以外にも課題テーマにより最適な専門家をアレンジ。
ワークショップ専門の弊社ミーティングルームで開催。
アイデア出しの様々な手法を使って、集中的にアイデアを拡散します。

どうまとめるか?

アイデアの収束を行う。

コンセプトシート、ビジネスモデルシートを活用し、わかりやすい整理を行います。

■参加人数: 最大20名まで
■場所:弊社(東京)プロジェクトスタジオもしくは貴社の会議室
■時間:半日~1日(長さや回数は要相談)
■成果物:研修資料(150P~200P)、議事録
■費用:40~100万円(貴社の課題・要望によって設計・提案)
※出張が必要な場合、別途費用がかかります

お客様の声

ワークショップと言ってもかなり専門的で、焦点が絞られたトリガー情報を提示してくれるので、チームで集中した思考ができたと思っています。関係者間での問題意識の共有と問題解決のプロセスを共有するために11mのホワイトボード全面を使ったのは圧巻でした!
(医療機器メーカー)

▲ページ上部へ戻る