HBW 2017~

2018.02.06号 [健康サービス・デザイン編]業界区分の終焉とサービスデザイン

健康ビジネス問題解決サポートメディアHealthBizWatch
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[健康サービス・デザイン編]2018年2月6日号
   ≫≫≫Author:大川耕平
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

HealthBizWatch Authorの大川耕平です。

「全ての業種業態はライフスタイルサービスに向かう」という仮説を僕は持っています。今回の記事も無関係ではありません。

ご質問などは気軽にメールください!!!



■□■□■□■ I N D E X ■□■□■□■

【1】特集:健康サービス・デザイン編
---「業界区分の終焉とサービスデザイン」

【2】健康ビジネスの現場で使えるキーワード
---「ゲーミフィケーション活用」

【3】今週の注目デジクリップ!
---国内 東北大発iPhoneアプリ、海外 リハビリデバイスなど、10本

─────────────────────

◆◇◆---------
【1】特集:健康サービス・デザイン編
◆◇◆---------


<テーマ>
業界区分の終焉とサービスデザイン


ヘルスケアに限らず、顧客目線で消費行動をジャーニー化(生活の流れや思考と行動の詳細なる可視化)していくと、事業開発運営をしているビジネス側がこだわる業界区分なるものは存在していません。

-----------------------------------
1.業界区分はもはや意味を持たない!
-----------------------------------

日本では産業大分類として
一次産業(農業、林業、漁業)
二次産業(鉱業、建設業、製造業)
三次産業(卸売業・小売業、金融・保険業、運輸・通信業、電気・ガス・水道・熱供給業、サービス業、公務)
と分類不能の14区分が存在しています。

デジタル、インターネット、ICTによってこれらの境界線が溶け始めていることは多くの読者も実感があると思います。

不動産業である寺田倉庫が2015年にスタートした「エアークローゼット」というサービスがあります。

買うことが常識だった洋服に、借りるというスタイルを提案したことで注目されている、プロのスタイリストが選んでくれる定額制ファッションレンタルサービスです。

・3パターンの料金プランからチョイスし情報を登録
・登録情報をもとにスタイリストが選んだ服が3着届く
・好きなだけ楽しんでもクリーニング不要
・感想をエアークローゼットに送ると次に届くアイテムに反映

→このやり取りをやるほど自分好みに!
という流れです。(17年2月で約10万人の会員数)

https://www.air-closet.com/


-----------------------------------
2.大切なのは再定義
-----------------------------------

業界区分がICTによって意味がなくなるのと同じように、今後可能になる顧客価値創造を構築していく上で、自社の事業コンセプトの再定義が必要になリます。

倉庫業の旧来型の機能だけにこだわっていたらエアークローゼットは生まれなかったに違いない。

製造業メーカーが自社のプロダクトとサービスを組み合わせて顧客価値を持続的、拡大的に提供していこうとするケースが日本のヘルスケア事業領域では多いのですが、

・メーカーだからサービスは分からない
・直接生活者との接点がない
・異業種は分からない

などと言っている場合ではないのです!!

自社事業の今後のあり方を再定義するタイミングが全ての業種にきていると思うのです。


-----------------------------------
3.異業種はパートナー
-----------------------------------

異業種連携を積極的に展開している注目の2社を紹介します。


●第一生命の健康支援アプリ「健康第一」
http://www.dai-ichi-life-special.jp/sp/campaign/kenko.html

・My検診アドバイスパートナー
日本医療データセンター、ネオファースト生命、キャノンマーケティングジャパン
・Myレシピパートナー
タニタ食堂、FiNC
・Myカロリーチェック
ソニーモバイルコミュニケーションズ、ウィット

・Myコラム
NHK出版、からだにいいこと
・Myリズム
ドコモヘルスケア
・お薬手帳プラス
日本調剤
・メディカルサポートサービス
保健同人社


オムロンヘルスケアのモバイルヘルスケアをサポートする健康アプリ「オムロンコネクト」
https://www.healthcare.omron.co.jp/service/

自社製品(血圧計・歩数計・体重体組成計・など)やApple ヘルスケアと下記のアプリケーションと連動

・「Welbyマイカルテ」(ウェルビー社提供)
・「ポケットドクター」(OPTiM社提供・開発)
・「curon(クロン)」(情報医療社提供)
・「PepUp」(日本医療データセンター社、ヘルスデータ・プラットフォーム社提供)
・「HEALTHPLAYER」(Practechs社提供)

・「あすけん」(ウィット社提供)
・「CARADA」(エムティーアイ社提供)
・「カロナビ」(クオリア社提供)
・「ippo-ippo ヘルレコ(仮称)」(SOMPOリスケアマネジメント社提供)
・「DiP2S(ディップス)」(ダックケーブル社提供)

・「Noom(ヌーム)」(Noom社提供)
・「RenoBody(リノボディ)」(ネオス社提供)
・「ヘルスアップWEB(健康情報管理支援サービス)」(ベストライフ・プロモーション社提供)
・「Mealthy(メルシー)」(Mealthy社提供)
・「カロミル」(ライフログテクノロジー社提供)

この2社は積極的に顧客価値につなげるための連携先を確保しているが、今後連動して創出される価値にどれだけのユーザーが反応するか?
満足するか?
継続利用するか?
が問われることになります。

これらのサービスデザインが機能するか?
そして、連携に魂が宿るか?が勝負です。

今後ヘルスケアサービスは
業界の区分が溶け、自社の目指す方向を再定義し、異業種との連携を積極的に進め、それらを連動機能させて顧客価値創造を目指すフェイズに突入です

連携に関してご質問あればお声掛けください!


●問い合わせ
https://hbw.heteml.jp/healthbizwatch.com/inq/inq.html



◆◇◆---------
【2】健康ビジネスの現場で使えるキーワード
◆◇◆---------

≫≫≫「ゲーミフィケーション活用」

サービス品質をデザインしていく切り口でゲーミフィケーション要素をうまく活用すると効果的です。ゲームの本質は相互作用です!



◆◇◆---------
【3】今週の注目デジクリップ! <10クリップ>
◆◇◆---------

[1]ロック・フィールド、レンジで簡単!「温サラダ」3品を新発売
http://www.rockfield.co.jp/newsrelese/113.html
レンジで温めるだけで温野菜とたんぱく質のバランスの良い食事ができる「温サラダ」。火を通すことでかさが減るため、たくさんの量の野菜を無理なく食べることができる。(2018/01/24)

[2]日経デジタルヘルスより、デジタルヘルス・レポート:経産省主催ビジコン、ベンチャー5社の激闘に沸く
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/327442/012300158/?n_cid=nbptec_ndhml
ファイナリストに選ばれたのは、ユカシカド、OQTA、PREVENT、iCARE、mediVR。審査はヘルスケアビジネスへの造詣が深い15人の審査員が担当し各社のプレゼン後にはコンテストのサポート企業が札を上げて事業支援の意思を示した。(201/01/24)

[3]ドコモ・ヘルスケア、タカラトミーの新パーソナルロボット「マイルームロビ」に健康コンテンツを提供
https://www.d-healthcare.co.jp/newsrelease/20180125/
マイルームロビは、部屋の環境変化に反応しておしゃべりするパーソナルトークロボット。管理栄養士監修の下、食事から運動まで日々の生活で参考にできるアドバイスや豆知識を中心に、健康生活に役立つセリフを企画・提供。(2018/01/25)

[4]エン・ジャパン、企業の「メンタルヘルス対策」意識調査を実施
https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/12378.html
52%の企業が「メンタル不調者が増えている」と回答。58%の企業にメンタル不調者が在籍。メンタル不調の原因は、人間関係、本人の性格、コミュニケーション不足。(2018/01/25)

[5]東北大学東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)、東北大発のiPhoneアプリ「おなかナビ」を開発-世界初!スマートフォンを用いた過敏性腸症候群の調査研究-
http://www.megabank.tohoku.ac.jp/news/24155
異分野連携において、腹痛時の自律神経活動を測定できるiPhoneアプリを開発し、このアプリを用いた過敏性腸症候群の神経活動調査を開始。本研究は、日常生活中での腹痛症状メカニズムを明らかにすることを目指した初めての研究。(2018/01/26)

[6]ファンデリー、健康食通販カタログ「ミールタイム」の発行部数を80万部に増刷し会員数を拡大
http://www.fundely.co.jp/release/detail/171
ミールタイムは、管理栄養士・栄養士が開発した商品を、電話カウンセリングにより一人ひとりの症状に合わせて提案、販売する健康食宅配サービス。累計会員数は、2017年12月末時点で約22万人と順調に拡大している。(2018/01/26)

[7]ヤフーと国立がん研究センターが連携、「Yahoo!検索」検索結果画面で国立がん研究センター提供の情報を掲載開始
https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2018/01/30a/
「Yahoo!検索」の検索結果画面に国立がん研究センターが提供する情報の掲載枠を新たに設け、がんに特化したより詳しい情報を提供。インターネットを通じて誰もが正しい医療情報にアクセスし、適切な治療へつなげることを目指す。(2018/01/30)

[8]ティップネスと日本ケロッグ、「2WEEKS 美腸ダイエット powered by ケロッグ」をスタート
https://www.tipness.co.jp/www-mt/news/?id=84&type=1
「食事×運動」で行う「腸」にフォーカスしたコンディショニングプログラムをティップネス吉祥寺にて先行導入。4月より全店で順次導入予定。(2018/01/30)

[9]CES 2018:退屈なリハビリをゲームに変える未来のペグボード『RAPAEL』
http://mhealthwatch.jp/global/news20180125
韓国のNEOFECT社は、簡単なリハビリデバイスとしてスマートペグボードを発表。RAPAELは、正しいオブジェクトがいつ配置されるかを認識でき、ペグホールを点灯させることで使用意欲を高める。(2018/01/25)

[10]『mHealth Watch』注目ニュース:『ルナルナ』ユーザー約1万人の遺伝子情報をもとに食物アレルギーと関連の強い遺伝子領域を発見!
http://mhealthwatch.jp/japan/news20180205-2
ルナルナは、女性の健康情報サービスとして累計インストール数1,100万超とも言われている。利用者から集まる豊富なデータ、いわゆる「ビッグデータ」をしっかり分析し活用してきている。(2018/2/5)

 

 

 

HBWメールマガジンご登録はこちら
一覧に戻る
トップに
戻る