海外ユニーク事例

2014.09.24号 【海外ユニーク事例編】ヘルスケアウェブコミュニティの最新動向

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
【海外ユニーク事例編】ヘルスケアウェブコミュニティの進化
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
こんにちは。株式会社スポルツの脇本和洋です。
 
「海外ユニーク事例編」では、毎月1回、特定のテーマで
海外の健康ビジネス動向を紹介しています。
 
今回のテーマは、「ヘルスケアウェブコミュニティ」の動向です。
大手のサービス、健康ウェブコミュニティから最新動向を紹介します。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
(1)ウエイトウォッチャーズの「レシピスワップ」
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■ウエイトウォッチャーズは、米国最大のダイエットセンター。
施設サービスだけでなく、ネットビジネスでも504億円の売上をあげています。
展開するサイト内のコミュニティとして「レシピスワップ」があります。
 
・レシピスワップ
http://community.weightwatchers.com/Recipe/CommunityRecipes.aspx
 
 
■「メソッド」を継続する知恵を共有する
 
レシピスワップは、単にダイエットに良いレシピを交換しあうのではなく、
同社のダイエットメソッド「ポイントプログラム」に合わせて投稿した
レシピにポイントがついている点が特徴です。
 
つまり、メソッドを継続する個々のコツを共有するという位置づけです。
 
当然ですが、他のユーザーが評価したり、コメントを残せる機能もついて
います。
 
※参考:ウエイトウォッチャーズ(ポイントプログラム)について
http://www.healthbizwatch.com/mailmagazine/unique/304.html
http://hbw-store.com/seminar/private-ww.html
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
(2)WebMDの「TIPS(コツ)」コミュニティ
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■WebMDは、米国最大の健康ネット企業。
健康ポータルサイト内では、具体的なテーマを設定しコミュニティを
展開しています。
 
・例)ダイエットで5キロから10キロ程度痩せたい人のコミュニティ
http://exchanges.webmd.com/dieting-club-10-25-lbs-exchange
 
 
■「TIPS(コツ)」共有型コミュニティ
 
上記サイトでは、「単に情報交換」ではなく「具体的なコツ」を共有すること
が狙いで、それは「TIPS(コツ)」コーナーと位置づけられています。
 
・「TIPS(コツ)」による知恵の共有
http://exchanges.webmd.com/dieting-club-10-25-lbs-exchange/tip/index
 
ここには「コーヒーにより食欲が抑えられた」といった様々なコツが
掲載され、他のユーザーが評価したお役立ち度がわかります。
 
 
※参考:WebMDについて
http://hbw-store.com/report/webmd.html
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
(3)Diabetic Connectの「アドボケーター参加」コミュニティ
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■Diabetic Connectは、糖尿病をテーマにした専門の大手コミュニティです。
http://www.diabeticconnect.com/
 
 
■アドボケーター(経験者)が参加するコミュニティ
 
アドボケーターは、コミュニティの応援者のこと。
コミュニティアドボケーターは、全員が糖尿病経験者であり、
知識・経験が豊富な一般の人。
 
アドボケーターの役割は、医療的な指導やアドバイスを与えるというより、
書き込んだ人をねぎらったり理解を示し、また自分の経験を語ることで
あくまで「参考になる情報(他社サイトのURLなど)」を提供することです。
 
・アドボケーターの役割説明
http://www.diabeticconnect.com/about
 
 
※参考:Diabetic Connectについて
http://www.healthbizwatch.com/mailmagazine/unique/280.html
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
(4)SparkPeopleの「期間限定、コーチ、商品購入支援」コミュニティ
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■SparkPeopleは、米国最大級のダイエットコミュニティ。
登録会員数は1,500万人以上(2013年)とも言われる。
http://www.sparkpeople.com/myspark/community_home.asp
 
 
■「期間限定、コーチ、商品購入支援付き」コミュニティ
 
SparkPeopleでは、コミュニティの新しい形を提案しています。
その例として、
 
・Your January Jumpstart Workout Plan(年始から運動をやりたいプラン)
http://www.sparkpeople.com/resource/fitness_articles.asp?id=1699
 
というコミュニティがあります。特長は以下です。
 
・専任コーチ:プログラム考案者であるフィットネストレーナー「ニコル」
・期間:4週間
・有酸素運動メニューを動画で毎週提示
 
・参加者同士でコツを共有しあうコミュニティあり
 (コーチであるニコルもコミュニティに適宜参加する)
・1週間経過した人、2週間経過した人など、段階に応じたコミュニティあり
 http://www.sparkpeople.com/myspark/groups_individual.asp?gid=54344
・フィットネストラッカーを購入すると運動記録ができる
 
 
※フィットネストラッカー(Spark Activity Tracker)
http://www.sparkactivitytracker.com/?r=homepage (動画あり)
同コミュニティのブランド名のワイヤレスのモニタリング機器で
歩数、時間、距離、燃焼カロリーを計測。
 
※参考:SparkPeopleについて
http://www.healthbizwatch.com/mailmagazine/unique/295.html
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
今後は、「より継続を支援できる機能」が求められる
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
今回は、大手企業・大手コミュニティサイトでの最近の動向をみました。
 
4つの事例で示された
 
・メソッドを継続する知恵を共有する
・「TIPS(コツ)」コミュニティ
・アドボケーター(経験者)が参加するコミュニティ
・「期間限定、コーチ、商品購入支援付」コミュニティ
 
という特徴からもわかるよう、
 
ウェブコミュニティは、単なる情報交換ではなく、
 
「より継続を支援できる機能」が求められていることがわかります。
 
 
参考>
 
今回のコミュニティ事例でもわかるように
継続支援には「人」が介在することが効果的です。
 
この「人」の介在を、ITを使ってどう効率的に行うか。
そのヒント事例を提示するセミナーがありますので
こちらも是非ご覧ください。
http://hbw-store.com/seminar/healthcoach1410.html
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
【企業様向けの支援サービスご案内】リーフレットにしました
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
現在私たちが、企業様に対して行っている中心的な支援内容です。
 
これからの時代の健康事業(商品、サービス)を、お客様とともに
作っていきます。
 
●「メソッド型ビジネスモデル」「ヘルスコーチング」を取り入れた支援紹介
http://www.sportz.co.jp/info/2014/09/post-19.html
 
リーフレットの形にしています。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




 
HBWメールマガジンご登録はこちら
一覧に戻る
トップに
戻る